Archive for:

2013/9/9 月曜日

共鳴法などについてこの頃考えること

Filed under: 整体師のつれづれなるままに,書籍 - 09 9月 2013

こんにちは ラクラク整体院の整体師:久 保です。

 

最近、共鳴法・朱鯨亭・癒道整体のキーワードでで検索されている方が私の

ブログに辿り着かれることが多いようです。

 

先日は、コメントで顎関節症に苦しまれているご友人に癒道整体の施術院はないかと

お尋ねも有りました。

結論から申し上げると、私は「癒道整体」を創始された井村和男先生とは面識もなく

お教えをうけたこともございません。

書店で入手できる、井村先生の著作物である

「癒道整体」たにぐち書店刊      本体価格8000円(税別)
「癒道整体医学」たにぐち書店刊    本体価格10000円(税別)
「驚異の顔面骨テクニック」現代書林刊 本体価格1600円(税別)

を入手し、著作物を拝見しながらあれやこれやと試行錯誤し独学しております。

もとは、奈良県の朱鯨亭のセミナーでこの「癒道整体」の名前を知りまして

興味を持ち学び始めたのがきっかけでした。このようなからだへのアプローチの仕方が

あったのかと驚いたのを覚えています。

 

ということで、井村先生へのご紹介なども出来ない旨コメントを頂いた方にも

ご理解をいただくようご返事いたしました。

 

また、朱鯨亭の別所愉庵先生のセミナーでお教えを頂いた、

共鳴法は学びの浅い私には

まだまだ理解できない所も多い操法です。

 

共鳴法は、足裏ツボや耳ツボと同様に、主に手の甲や指に多くの共鳴点

(そこに刺激が与えられると身体のどこかが反応する点、ある種のツボ)があり、

施術法として利用するものと定義されておられ、共鳴点を指先で軽くそっと撫でると

筋肉が緩み、骨の位置が変わることを利用されているというものです。

いずれも、身体に強い力をかけることなく筋肉や骨格を動かすことができると

いう点が特徴だと思います。

 

私は、これらの操法を試してみて、共通性や異なる点なども考慮して

試行錯誤しながら自分なりに使ってみてきたのですが、

だれにでも必ず効果のでるものだとはいいきれません。結局6割ぐらいの

人がなんらかの変化を体感されてくださるぐらいのような気がします。

 

これには、もちろん自分の学びの浅さや理解の不足・技術的な未熟さなども

あるのですが、

操法を受けられる個人個人でだいぶ違ってくるというのが

あるような気がします。体の状態や、その方の身体の感受性なども、操法での

変化というものに影響しているような気がします。

 

共鳴法については朱鯨亭さんのホームページにもだいぶ具体例がでているので

その通りにやられると、却って私などが手を触れるよりも改善されることも

あるのではないでしょうか。

 

共鳴法は、連続して刺激を入れすぎないことがとても大事なような気がします。

 

いずれも、公開された資料や情報が有りますから、興味をお持ちで

お身体の不調で困っている方は、自分で納得いくまで、これらの情報をもとに

ご自分でトライされるのはいいことだと思います。

 

なぜ、効果があるのかを極めたい方はよく著作物を読まれるのもいいでしょう。

 

無責任なようですが、操法を行って何らかの変化があっても、私には医学的な

検証など出来もしないので、はっきり言って「不思議だな」という気持ちで

いるばかりなのです。ただ、痛みや不快感を解消できることができるという

ことがあるのも事実だから、これからも共鳴法は学んでいきたいと思います。

 

ああ、そういえば参考になる書籍として

「手のひらツボ療法」 柳 泰裕著 地湧社刊 本体価格1500円(税別)

があります。いまは入手困難なようですが

もし手に入れられたら一緒にご覧になると理解が深まるかと思います

2010/6/2 水曜日

朱鯨亭横浜セミナーで共鳴法のポイントを学んできました

Filed under: 整体師のつれづれなるままに - 02 6月 2010

こんにちは ラクラク整体院の整体師:久 保です。

奈良県の目立たない場所にある朱鯨亭さんは、朝8時から夕方17時までの営業時間が

いつもきっちりと埋まっている忙しさなのに、地方へ出向きセミナーを開いてくださる

ありがたい存在です。

そのホームページは、整体の操法についての貴重な情報源です。私も遠方

ゆえなかなか奈良まで足を運べないので、朱鯨亭さんの基本テキストを入手させて

いただきいつも勉強しております。その朱鯨亭の別所愉庵先生が横浜でセミナーを

開講されるとメールで知り、必死で申込みして29日は晴れて横浜セミナーに

参加できました。

千葉から友人も参加して、一日7時間ほど、現在もっとも力を入れておられる

「共鳴法」と呼ばれる皮膚の反射区を刺激することで骨格を短時間に動かし

不調箇所を調整する方法について実習を受けてきました。

自分も勉強しながら、手の反射区に刺激を入れる方法を時々施術に

取り入れているのですが

全身のいろいろな反射区を使った即効性の高い整体は

井村和男先生の「癒道整体」が有名です。朱鯨亭では耳や足ツボなどが

全身を反映するのと同じように手が全身と相似形で感応するという観点から、

手の指の関節や甲の一部に指先でいろいろな刺激の仕方を変えて

刺激しては実際の不調箇所を修正していきます。その刺激を身をもって

体験している受講生を取り巻きながら、自分たちも受講生同士で

施術し合っては効果を確かめて見ました。手が全身に相似しているという

考え方は「高麗手指鍼」の考え方に基づくらしく、ヨガで有名な龍村修氏が

「指ヨガ健康法」という著書に、指や指関節への刺激で身体を変化させる

健康法を解説していることも紹介してくださいました

横浜セミナーではこの手指の刺激を相似共鳴の考え方と刺激方法を、なにひとつ

隠すところなく教えて頂きました。多分「癒道整体」のように全身の検査法が

確立されているのではないのですが、「4点操法」と名づけられた、身体の歪みの

要所となる足首・膝下(脛骨)・肘・あごの4点に着目して操作する方法で施術し、

そのつど確認していく方法を実演していただき、当日施術を受けた方にかなりの

変化があらわれるのには驚きました。

力もかけず、お客様が痛い思いをすることもない整体のひとつの形が

ここにはありました。

「4点操法」では反射区に刺激を与えた後、10分程度仰向けにねていてもらう

「ねかす」時間がことに大切なようです。

これは次から次と整体の手技を繰り出していくタイプの整体ではないので

自分の整体を振り返ってみて今後はスタイルを少し変化させないとならないなと

感じました。

久しぶりにお会いした別所先生もお元気そうで、これからもますます

開かれた整体を実現されるべく、多くの情報をもたらして下さると信じています。

早速、夜頂いたテキストを隅々まで読んで記憶を新たにしています。